イギリスEC市場規模 – 英国越境EC基礎

A man and a woman in front of a laptop

イギリス(英国)EC市場規模について

イギリス向けの越境EC基礎内容

イギリスのEC市場は、EU市場に比べると小さいですが、依然として大きな市場であり、成長しています。2020年のEC市場規模は、約17億ポンド(約240億円)と推定されています。また、2020年には、EC市場規模が前年比で14.6%成長しています。

イギリスのEC市場においては、衣料品、コスメティック製品、食品、家電製品、書籍など、様々な商品が取引されています。また、EC市場に参入する企業の中には、海外から進出してきた企業もあります。

イギリスのEC市場において、Amazon、eBay、ASOSなどのEC企業が市場を牽引しています。
これらの企業は、多言語対応や迅速な配送サービスなど、顧客にとって魅力的なサービスを提供しています。

イギリスのEC市場においては、消費者保護についてのルールがEU市場とは異なります。例えば、イギリスの消費者保護法では、消費者が商品を購入する前に、必要な情報を提供することが義務付けられています。また、消費者が商品を返品する場合、販売業者は返品送料を負担する必要はありません。

イギリスのEC市場は、EUとは異なる法律や規制があるため、EC企業が市場進出する場合には、地域に合わせた戦略が必要となります。また、イギリスがEUから離脱したことにより、イギリスとEU間の取引に関する規制や手続きが変更される可能性があります。
イギリスとEUとの取引に関する規制が変更される可能性があるため、EC企業が市場進出する際には注意が必要となります。

イギリス(英国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Regulations book. Law, rules and regulations concept.

    中国越境ECのメリット・デメリットと気をつけたい法規制

  2. Online shopping

    海外進出した三越伊勢丹のその後は?今後の越境ECの展望

  3. Private airplane. Close-up of jet airplane is landing in airport

    台湾における越境EC市場規模は?その大きさからわかる特徴を5つ紹介

  4. Business woman working on laptop from home office

    フランスEC市場規模 – 仏国越境EC基礎

  5. Foreign languages translation or learning languages online. Mobile phone or smartphone

    翻訳サービス・翻訳ソフト紹介7選

  6. A man and a woman in front of a laptop

    インドEC市場規模 – 印国越境EC基礎