中国の越境ECで人気のECサイトランキング!(天猫・京東商城・拼多多・蘇寧易購・唯品会)

tablet pc

越境ECを始めるにはいくつかのハードルをクリアする必要があります。その中のひとつとして『ECサイト選び』が挙げられます。出店するECサイトが違うだけで、集客力が変わり、売上も当然変わってきます。つまり、どこのECサイトに出店するのかによって越境ECの運命が変わるのです。

しかし『これから越境ECを始めようとしている』『中国に出店するのは初めて』という方は、どこのECサイトに出店したら良いのかについては、よくわからないですよね。そこで今回は、これから中国で越境ECを始めようとしている方向けに、中国で人気のECサイトをランキング形式で一挙にご紹介していきます。

中国で人気のECサイトランキング

Phone addict couple looking on smartphones

早速ですが、中国で人気のECサイトをランキング形式にてご紹介していきます。これから中国で越境ECをはじめようと考えている方は、ぜひチェックしてみてください。

1位 天猫

中国で人気のECサイトランキングで、第1位にランクインしたのは『天猫』です。越境ECのことを少しでも調べたことのある方であれば、一度は聞いたことがあるくらい有名なECモールですよね。

世界の越境EC市場を引っ張っている存在の中国ですが、その中国で国内シェア率が60%を超えており、まさに『世界No.1』のECサイトと言えます。

アリババグループによって2013年に開設した天猫では、オールジャンルのさまざまな商品が陳列されており、日本からもユニクロや資生堂、花王などのアパレル、日用品からパナソニックやソニーなどの家電製品などが出店しており、人気を集めています。

天猫が中国で1番のECモールに成長した理由はいくつかありますが、特に注目されている点が『偽物が流通していない』という点です。中国では、非正規品が多く出回っており、特に直接商品を見て購入ができないネット通販では顧客側としては不安が残ります。天猫の場合、厳しい審査を通過した法人企業のみが出店できる仕組みになっており、偽物の商品はとことん排除されるため『天猫で買えば大丈夫』という安心感があります。

これは他のECモールでは得られないメリットであり、天猫がここまで信頼されている1番の理由です。

出店する側としては厳しい審査を通過しなければいけないという問題点がありますが、審査さえ通過することができれば、高い集客力に期待できるでしょう。

2位 京東商城

中国で人気のECサイトランキングで、第2位にランクインしたのは『京東商城』です。1位でご紹介した天猫に次いで、国内シェア率30%を超える京東商城は、家電製品に強いECモールとして中国での立ち位置を確保しています。

京東商城の前身の会社が、元々家電製品販売店だったということもあり家電製品の売れ行きは好調で、天猫で普段買い物をしている方でも、家電製品だけは京東商城で買っているという方もいるくらい家電製品に対する京東商城の評価は高いです。家電製品に強いと言われている京東商城ですが、2015年には『日本館』という日本製の商品専門のECサイトをオープンしており、家電製品以外の日本企業の誘致にも注力しています。

また、日本企業であるヤマトグループと提携しており、京東商城で購入した商品をヤマトグループが配達しており、注文から到着までを最短4日間で済ませてくれるというサービスもあり、現地の中国人にはとても人気が出ているサービスとなっています。天猫に比べて審査の通過率が高いことから、中国で越境ECを始めようとしている方が「まずは京東商城から始めよう!」という流れで京東商城を利用する方が増えています。

3位 拼多多

中国で人気のECサイトランキングで、第3位にランクインしたのは『拼多多』です。天猫、京東商城に次いで中国で人気となっている拼多多ですが、国内シェア率は5%程度となっており、天猫や京東商城と比べると少し物足りません。

しかし、拼多多のユーザー数は7億人を超えており、ユーザー数の面では2位の京東商城を超えております。

拼多多では、日本でもお馴染みの『共同購入機能』という仕組みを取り入れており、低価格で買い物をしたいと考えている客層をターゲットにしています。共同購入機能とは、複数の商品を一度に買うと割引が適用されるというもので、まとめ買いをするという方には嬉しいポイントです。

天猫や京東商城を利用している方とは違う、低所得者をターゲットにしていることにより着実に市場規模を拡大している拼多多は、ユーザー数の多さも含めて『いま1番注目度の高い中国のECサイト』と言われています。

ものすごいスピードで市場規模を拡大させている拼多多は、これから中国で越境ECを始める予定があるという方にはぜひ頭に入れておいてほしいECモールのひとつです。

4位 蘇寧易購

中国で人気のECサイトランキングで、第4位にランクインしたのは『蘇寧易購』です。

蘇寧易購は、蘇寧電器という家電量販店が運営しているECサイトとなっており、2位でご紹介した京東商城と同様、家電製品に強いECサイトとして中国の顧客から信頼を得ています。

蘇寧電器は、中国国内に1,600店舗を構えており、日本で例えるとヤマダ電機やビッグカメラのような存在です。そのため、顧客側としては偽物を買ってしまうというリスクが極めて低く、その点も蘇寧易購が人気の理由となっています。

実店舗を構えていることにより、在庫が中国のどのエリアにもバランス良く置かれているため、どこの地域でECサイトを利用しても、比較的早く商品が届くというメリットもあります。家電製品を販売したいと考えている方にとってはメリットがたくさんあり、既に外国の企業からの出店が増加傾向にあります。

日本製の家電製品を中国で販売したいと考えている方は、ぜひ蘇寧易購をチェックしてみてください。

5位 唯品会

中国で人気のECサイトランキングで、第5位にランクインしたのは『唯品会』です。2008年に設立された唯品会は、主にアパレル用品やアクセサリーなどのファッション系の商品を販売しているECサイトとなっています。

ファッション系の商品が多く陳列されていることから、男性に比べて女性のユーザーの方が多く、会員数は3億人を超えています。唯品会が人気な理由としてまず挙げられるのが『フラッシュセール』が開催されているという点です。

期間限定で割引された価格でブランド雑貨などを購入できるという点は、中国人が唯品会を好んで利用する理由のひとつです。また『信頼性』という点でも唯品会は他社よりも優れており、購入後に万が一偽物だと判明した場合、返金や返品を行ってくれるという保証が付いているという点も人気の理由です。

中国で特に女性をターゲットに人気が出ている唯品会ですが、2016年には日本の東京にも拠点を構え、日本の商品の販売にも力を入れ始めています。

アパレル用品やファッション雑貨などの販売を中国で考えているという方は、ぜひ唯品会をチェックしてみてください。

まとめ

中国で人気のECサイトをランキング形式で5社ご紹介しましたが、参考になりましたか?

今回ご紹介した企業は1位〜5位まで、どれも中国で越境ECを始めるなら絶対に調べておきたいおすすめの企業です。

これから中国で越境ECを始めようと考えている方、特に初めて中国で越境ECを行う予定の方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

関連記事

  1. 越境ECの中国向け商品で人気No.1を誇る化粧品について徹底解説

  2. Travel, adventure, vacation concept. Toy yellow air plane, blue car and globe earth ball, map on

    越境ECの市場規模について丨拡大の背景や日本・中国・米国の比較、拡大の背景を解説

  3. Shopping via mobile app

    百度の日本法人が開設した越境ECサービス「百分百(バイフンバイ)」とは?

  4. Calculators and documents. Accounts department.

    中国の増値税ってなに?越境ECでの注意点を5つ解説

  5. Red cargo container with boxes and blue globe of planet Earth. Global international trade in goods

    越境ECと一般貿易の違いと3つの視点から見るECのトラブル事例

  6. Business concept, signing a business contract,Businessmen holdin

    株式会社スクロール360が考える越境ECの可能性とは?中国向けEC運営サポートも解説