翻訳サービス・翻訳ソフト紹介7選

Foreign languages translation or learning languages online. Mobile phone or smartphone

越境EC(海外向けネット販売、オンラインショップ)に必要な翻訳サービス・サイト・ツールを紹介します。
翻訳ツールや翻訳ソフトを選ぶ際には、以下のポイントに注意することが重要です。

  1. 翻訳対象の言語と翻訳品質
    翻訳ツールや翻訳ソフトの重要なポイントは、翻訳対象の言語と翻訳品質です。翻訳対象の言語によっては、翻訳ツールや翻訳ソフトが対応していない場合もあります。また、翻訳品質も重要なポイントです。翻訳ツールや翻訳ソフトによって翻訳品質が異なるため、自分の目的に合った翻訳品質を選ぶことが大切です。
  2. 翻訳機能の種類
    翻訳ツールや翻訳ソフトには、テキスト翻訳、音声翻訳、画像翻訳など、さまざまな翻訳機能があります。自分が必要とする翻訳機能を選ぶことが大切です。
  3. 翻訳結果の速さと正確さ
    翻訳ツールや翻訳ソフトの翻訳速度と正確さも重要なポイントです。翻訳結果が速くても正確性に欠けると、翻訳をする意味がありません。また、翻訳結果が正確でも、翻訳に時間がかかりすぎると、作業効率が悪くなります。自分が求める翻訳速度と正確性を考慮して選ぶことが大切です。
  4. サポート体制
    翻訳ツールや翻訳ソフトによっては、サポート体制が整っているものもあります。トラブルが発生した場合に、迅速に対応してくれるサポート体制があるかどうかを確認することが大切です。
  5. 価格
    翻訳ツールや翻訳ソフトによっては、無料で利用できるものもあれば、有料のものもあります。自分の予算に合わせて、適切な価格帯のものを選ぶことが大切です。

Deepl

DeepL翻訳は、ドイツのDeepL社が開発した機械翻訳サービスです。DeepL社は、ニューラルネットワークを用いた翻訳技術を開発し、その高い翻訳品質が話題となりました。

DeepL翻訳は、多数の言語に対応しており、翻訳の速度が非常に速いことが特徴です。また、人工知能の学習により、文脈や意味を理解して翻訳するため、従来の機械翻訳に比べて高い翻訳品質が実現されています。

DeepL翻訳は、個人利用は無料で利用できますが、商用利用には有料のAPIサービスが提供されています。また、WebサイトやWord、Excelなどの文書ファイルも翻訳できるサービスも提供されています。

現在、31言語と700言語ペアの翻訳を提供しています。

ブルガリア語、中国語(簡体字)、チェコ語、デンマーク語、オランダ語、英語、エストニア語、フィンランド語、フランス語、ドイツ語、ギリシア語、ハンガリー語、インドネシア語、イタリア語、日本語、韓国語、ラトビア語、リトアニア語、ノルウェー語(ブークモール)、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、ロシア語、スロバキア語、スロベニア語、スペイン語、スウェーデン語、トルコ語、ウクライナ語

公式サイトはこちら

翻訳代行会社サービス比較のEMEAO!

EMEAO!(エミーオ!)は「完全無料で簡単・スピーディーに、要望に合った優良業者の紹介を受けられる翻訳会社の業者探し代行サービス」です。
利用者は5分ほどのヒアリングに答え、業者からの連絡を待つだけです。特徴としては、コンシェルジュが第三者機関審査済みの優良な登録500社から希望に合う業者を厳選し、最大8社・平均4社紹介します。
利用者は発注先探しを丸投げが可能になり、手間なくスピーディーに最適な業者を見つけられます。

特徴

  1. 複数の会社に同じ話をする必要はありません。事前のヒアリング情報を翻訳業者に共有することができます。
  2. エミーオに登録されている業者には、独自の審査が行われています。

  3. 条件ごとに、業界知識のある適任者が担当します。最大8社に絞り込むので、多くの電話営業に悩まされることもありません。

公式サイトはこちら

翻訳代行一括.jp

「翻訳代行一括.jp」は、翻訳業務を代行してくれる複数の翻訳会社に一括で見積もりを依頼できるウェブサイトです。
日本国内で活躍する翻訳会社やフリーランスの翻訳者が登録されており、各社の翻訳料金や納期などを比較検討できるため、自分に最適な翻訳会社を選ぶことができます。

利用の流れ

  1. 翻訳したい言語ペアや翻訳の種類、納期などの条件を入力する
  2. 翻訳代行一括.jpが登録している複数の翻訳会社に見積もりを依頼する
  3. 各翻訳会社から見積もりが届くので、料金や納期、サービス内容などを比較する
  4. 自分に合った翻訳会社を選び、依頼する

このサービスは無料で利用でき、翻訳業務を依頼する前に、各社の評価や口コミを確認することもできます。また、翻訳代行一括.jp側でも各翻訳会社の事前審査を行っているため、信頼性が高いとされています。このサービスを利用する場合には、自分が翻訳したい内容や用途に合わせて適切な翻訳会社を選ぶことが重要です。また、翻訳会社の選定にあたっては、料金だけでなく、翻訳品質や納期、サービス内容などもしっかりと確認しましょう。

公式サイトはこちら

WOVN.io

WOVN.ioは、Webサイト・アプリを様々な言語に多言語化できるソリューションです。既存のWebサイト・アプリに後付けすることができ、多言語化に必要なシステム開発・多言語サイト運用にかかる、不要なコストの圧縮・人的リソースの削減・導入期間の短縮をすることができます。

  1. 翻訳自動化 WOVN.ioは、翻訳自動化によって多言語対応のウェブサイトを作成できます。多言語対応のページは、自動的に生成され、翻訳が行われます。翻訳は、機械翻訳による自動翻訳、人間による手動翻訳、専門翻訳会社による翻訳などがあります。

  2. 翻訳対応言語数の豊富さ WOVN.ioは、世界各国の主要言語に対応しています。日本語、英語、中国語、韓国語、フランス語、スペイン語、ドイツ語、ポルトガル語、イタリア語、ロシア語、トルコ語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、マレーシア語、アラビア語、ヒンディー語などがあります。

  3. 簡単なインストール WOVN.ioは、簡単なインストールで多言語対応のウェブサイトを作成できます。HTMLのコードを変更する必要がなく、翻訳対応ページのURLを変更するだけで、多言語対応が可能です。

  4. ビジュアルエディターの提供 WOVN.ioには、翻訳対応ページのビジュアルエディターがあります。翻訳対応ページの表示内容を確認しながら、翻訳内容の編集ができます。

  5. 翻訳品質の向上 WOVN.ioは、多言語対応ページの翻訳品質向上にも取り組んでいます。例えば、人工知能による機械翻訳の精度を高めるため、WOVN.io独自の機械学習技術を開発しています。

公式サイトはこちら

shutto翻訳

shutto翻訳は、自動翻訳・プロ翻訳・セルフ翻訳機能の組み合わせでウェブサイトを多言語化できるサービスです。
自動翻訳、セルフ編集機能は世界100言語以上に対応しているので、基本的にどの言語でも翻訳できます。
初期費用は全てのプランで0円で、月額6,000円から始められる!月額固定の分かりやすい料金体系になっています。

特徴

  1. 静的コンテンツ・動的コンテンツに関係なく、ブログ、ECサイト、会員向けサイト、フォーム、検索サイトなどHTMLが出力される全てのwebページやサイトの翻訳が行えます。

  2. 自動翻訳、セルフ編集機能は世界100言語以上に対応しているので、基本的にどの言語でも翻訳できます。

  3. 直感的に編集が可能で、翻訳後のサイトプレビュー画面を見ながら直感的にテキスト編集や画像置換が行えるから、特別なサイト開発スキルはいりません。

公式サイトはこちら

POLYILINGUAL(ポリリンガル)

POLYILINGUAL(ポリリンガル)はウェブサイトを多言語化させるサービスです。ポリリンガルに多言語化したいサイトのURLを指定するだけで、検索エンジンで見つかる多言語化サイトをすぐに作成することができます。


特徴

  1. リアルタイム同期

    常にポリリンガルは本体のWEBサイトと同期しています。 日本語の更新を行うと自動的に多言語サイト側もに連動、常に最新の情報が公開されます。

  2. 簡単にサイトが多言語化できます

    サイト内のテキストを自動的に取得し、単語に分解。管理画面で、どの単語をどのような翻訳に置き換えているか?を直感的に把握することができます。特殊な単語やニュアンスが違うと感じた場合は自由に編集可能です。

  3. 画像の置き換えに対応

    ポリリンガルが、サイト内のファイル名を指定し、画像も変換することが可能です。テキスト部分だけ翻訳されている違和感を防ぎ、WEBサイトのクオリティを維持します。

公式サイトはこちら

MYサイト翻訳

MYサイト翻訳は、翻訳エンジン開発元が提供するウェブサイト翻訳サービスです。サイトのデザインはそのままに、「翻訳ボタン」を配置するだけでサイトを自動翻訳する定額制のクラウドサービスです。

特徴

  1. 最大121言語対応
    スマートフォン対応、PDFや画像の翻訳にも対応 ※条件による

  2. AI翻訳と文法翻訳も可能
    AI翻訳でAI(人工知能)で読みやすい文章に、文法翻訳で辞書機能で人名や専門用語をしっかり翻訳できます。

  3. 全国自治体への導入実績多数
    35年以上も翻訳エンジンを自社開発してきたノウハで全国自治体や様々な業種・業界のお客様に導入されています。

公式サイトはこちら

海外の取引先とのオンライン商談にも「AI GIJIROKU」

国内最大規模の人工知能を用いた議事録自動化サービスです。
無料トライアルでのお試し利用も可能で、議事録の自動化のほか35ヶ国語翻訳やZoomなどのビデオチャット連携機能も搭載されていて、海外のお客様や取引先との多言語での打ち合わせも問題なく対応できます。個人利用から大規模な法人利用まで幅広く実績があります。会員登録も簡単で即利用ができます。

特徴

 

  1. ZOOM連携をするだけで発言を字幕表示

    Zoom連携で、会議やウェビナーでの会話をリアルタイムで画面にテキスト化し、通話終了後は議事録を自動保存します。会話が可視化されるので理解が深まり、リモートワークでも生産性を高めます。

  2. 音声認識精度99.8%。発言を正確に、記録し情報共有が可能です。

    チームメンバーの発言が正しく記録されるので、会議に出席できなくても情報共有が簡単にできます。会議室でのオフライン利用も可能で、参加者が複数名の場合でもAIが話者を特定し、議事録を自動作成します。

  3. リアルタイム翻訳30か国語対応で外国語を交えた会議に最適です

    30ヶ国語に対応したリアルタイム翻訳機能で、外国人メンバーとの会話が母国語で記録されます。AIに、翻訳テキストを発話してもらうこともでき、コミュニケーションが取りやすくなります。

公式サイトはこちら

 

 

関連記事

  1. woman is working on pc

    【中国・アメリカ】人気のECサイト・マーケットプレイス6選

  2. Diverse businessmen using laptop together, african coworker showing something at laptop screen

    メキシコEC市場規模 – 墨国越境EC基礎

  3. 越境ec アメリカ

    アメリカ向け越境EC参入で重要となる3つのポイント!代表的なECサイトも紹介

  4. 越境EC 大手

    【自社制作・モール】越境ECの大手プラットフォーム5選を紹介

  5. Online shopping

    海外進出した三越伊勢丹のその後は?今後の越境ECの展望

  6. 越境EC 個人

    個人でも利用可能!越境ECのはじめ方やポイントを紹介!