香港EC市場規模 – 香港越境EC基礎

Business woman working on laptop from home office

香港EC市場規模について

 

香港向けの越境EC基礎内容

香港のEC市場は、アジア太平洋地域の中でも重要な市場の一つです。香港は世界でも有数の国際都市であり、アジアのビジネスの中心地として、多くの企業や消費者が集まっています。2021年の時点で、香港のEC市場の規模は、約34億米ドルに達し、年々拡大しています。

香港のEC市場は、B2C市場とB2B市場に分かれています。B2C市場では、主にファッション、家電製品、化粧品、食品・飲料、書籍などが取引されています。B2B市場では、主に香港を拠点とする多国籍企業が、世界中の企業と取引を行っています。

また、香港のEC市場には、地域の特性として、消費者が高品質でブランド力のある商品を好む傾向があります。そのため、海外からの高級品やブランド品の輸入や、地元の企業が独自のブランド力を持った商品を開発することが、市場の拡大につながっています。

香港のEC市場の成長を支える要因としては、インターネット普及率の高さや、消費者の利便性を追求する姿勢、物流インフラの整備などが挙げられます。一方で、香港のEC市場には、大手ECプラットフォームによる寡占化が進んでいることや、中国本土のEC市場に対する競争力の低下などの課題もあります。

今後、香港のEC市場は、国際市場としての地位を強化し、地元企業の競争力向上に取り組むことが求められます。政府やEC企業は、利便性の高いサービスの提供や、物流インフラの整備などに注力し、市場の拡大を図ることが期待されます。

香港小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Online shopping

    海外進出した三越伊勢丹のその後は?今後の越境ECの展望

  2. A man and a woman in front of a laptop

    ベルギーEC市場規模 – 白国越境EC基礎

  3. Calculators and documents. Accounts department.

    中国の増値税ってなに?越境ECでの注意点を5つ解説

  4. A man and a woman in front of a laptop

    イギリスEC市場規模 – 英国越境EC基礎

  5. 越境EC 個人

    個人でも利用可能!越境ECのはじめ方やポイントを紹介!

  6. 【業界初】WEB3.0×キャンプ NFT購入も可能なキャンプギアをTAKIBIが販売!万能調理器具のキャンプギア『TAKIBIシェラカップ』販売開始!