タイEC市場規模 – 泰国越境EC基礎

Businessman drink coffee and watch graph on laptop

タイ(泰国)EC市場規模について

タイ向けの越境EC基礎内容

タイのEC市場は、急速に成長しており、2020年には約3,200億バーツ(約10,600億円)の規模に達しました。タイは、ASEAN地域においてEC市場の成長が最も著しい国の1つであり、急速に増える中間層や若年層の消費者層が市場の成長を後押ししています。

タイのEC市場は、主にファッション、コスメ、家電製品、食品配達などのセクターが主流で、Lazada、Shopee、JD Central、Central Onlineなどの大手EC企業が市場をリードしています。また、政府もEC市場の成長を支援するため、デジタルインフラの整備や、EC市場に関する法規制の整備などを進めています

ただし、タイはまだインターネット利用率が低く、物流の問題などが依然として存在しています。また、新型コロナウイルスの流行により、オフラインでの販売が減少し、EC市場の成長が加速する一方、消費者の購買力が低下したため、市場にも影響を与えています。

しかし、タイの中間層の拡大や、政府の支援により、今後もEC市場の成長が期待されています。特に、EC市場の成長に対して、中国のEC企業が積極的にタイ市場に参入しているため、市場競争が激化することが予想されます。

タイ(泰国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Online shopping concept. Shopping cart, laptop on the desk

    ネット販売に必要なショッピングカートサービス15選

  2. 代理購入サービス「トルコ語バージョン」開始。 ヨーロッパとアジアを結ぶEC大国へ進出

  3. Multi ethnic business people, entrepreneur, business, small business concept

    越境EC運用で直面する課題とその対応策とは?販売する上での重要ポイントを解説

  4. Pharmacist holding pill bottle

    医薬品を海外へ!第一三共ヘルスケアの越境ECの仕組みを徹底解説

  5. アメリカ越境ECの税金事情とは?取引時での5つの注意点

  6. 【WEB3.0×農業】収穫体験型農園の「いちご物語」がスポンサーNFTをアーティストとコラボレーションして販売