シンガポールEC市場規模 – シンガポール越境EC基礎

woman using laptop

シンガポールEC市場規模について

 

シンガポール向けの越境EC基礎内容

シンガポールのEC市場は、現在急速に成長しています。2020年には、約34億シンガポールドル(約250億円)の規模であり、2025年までには、約93億シンガポールドル(約690億円)にまで拡大すると予測されています。これは、デジタル技術の普及により、ネットショッピングがますます一般的になっていることや、COVID-19の影響により、オンラインでの買い物がますます重要になっていることに起因しています。

シンガポールでは、EC市場が成長するにつれて、オンラインでの支払い方法や配送などのインフラが整備され、より多くの企業がオンラインでの販売に参入しています。また、政府もEC市場の拡大を促進するために、様々な支援策を打ち出しています。これらの要因が、シンガポールのEC市場の拡大を後押ししています。

シンガポール小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Online shopping concept

    越境ECの中国での市場規模は?2019年度は1.93兆ドル?

  2. 全世界で大人気の「ゴジラ」を 越境EC No.1の“Buyee”がサポート開始

  3. Close up hand holding an airplane model

    越境ECのターゲットは中国?食品がEC化に適さない理由3点

  4. Multi ethnic business people, entrepreneur, business, small business concept

    越境EC運用で直面する課題とその対応策とは?販売する上での重要ポイントを解説

  5. Aerial view of logistic center

    EUの越境EC向けのVATが変更に!今後の物流へ3つの影響

  6. Business woman working on laptop from home office

    香港EC市場規模 – 香港越境EC基礎