シンガポールEC市場規模 – シンガポール越境EC基礎

woman using laptop

シンガポールEC市場規模について

 

シンガポール向けの越境EC基礎内容

シンガポールのEC市場は、現在急速に成長しています。2020年には、約34億シンガポールドル(約250億円)の規模であり、2025年までには、約93億シンガポールドル(約690億円)にまで拡大すると予測されています。これは、デジタル技術の普及により、ネットショッピングがますます一般的になっていることや、COVID-19の影響により、オンラインでの買い物がますます重要になっていることに起因しています。

シンガポールでは、EC市場が成長するにつれて、オンラインでの支払い方法や配送などのインフラが整備され、より多くの企業がオンラインでの販売に参入しています。また、政府もEC市場の拡大を促進するために、様々な支援策を打ち出しています。これらの要因が、シンガポールのEC市場の拡大を後押ししています。

シンガポール小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. アメリカ越境ECの税金事情とは?取引時での5つの注意点

  2. Business woman working on laptop from home office

    ブラジルEC市場規模 – 伯国越境EC基礎

  3. Red cargo container with boxes and blue globe of planet Earth. Global international trade in goods

    越境ECと一般貿易の違いと3つの視点から見る中国ECのトラブル事例

  4. Mailbox and mail

    メール配信・メルマガ配信サービス9選

  5. UPS、北関東の32都市でサービスを強化

  6. Freelance Asian women online shopping at coffee shop.

    中国で越境ECが人気な理由とは?人気の商材・モールも紹介