フィリピンEC市場規模 – 比国越境EC基礎

Businessman drink coffee and watch graph on laptop

フィリピン(比国)EC市場規模について

フィリピン向けの越境EC基礎内容

フィリピンのEC市場は、急速に成長しており、2019年には約3,800億ペソ(約750億円)の規模に達しました。フィリピンは、アジアにおけるEC市場の拡大において、注目される市場の1つであり、急速に成長する若年層や中間層の消費者層が、EC市場の成長を後押ししています。

フィリピンのEC市場は、主にファッション、コスメ、家電製品、食品配達などのセクターが主流で、Lazada、Shopee、Zaloraなどの大手EC企業が市場をリードしています。また、政府もEC市場の成長を支援するため、デジタルインフラの整備や、EC市場に関する法規制の整備などを進めています。

ただし、フィリピンは、インフラの整備が不十分であるため、物流などの問題が依然として存在しています。また、インターネット利用率がまだ低く、EC市場に参入する企業の数も少ないため、市場の拡大には課題が残されています。しかし、フィリピンの中産階級の拡大や、EC市場に対する政府の支援などから、今後もEC市場の成長が期待されています。

フィリピン(比国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. 越境ECの中国向け商品で人気No.1を誇る化粧品について徹底解説

  2. A man and a woman in front of a laptop

    ベルギーEC市場規模 – 白国越境EC基礎

  3. Business colleagues discussing a project

    越境ECは日本で市場規模が拡大している?3つの理由を解説

  4. Passenger jet plane landing

    中国越境ECのリスクとは?ビジネス参入時の対策を詳しく解説

  5. 越境EC「Pinkoi」が国内販売手数料の無料キャンペーンを実施

  6. Empty mini shopping cart on tablet

    日本・アメリカ・中国・韓国・台湾で代表的な越境EC一覧!それぞれの特徴を徹底解説