ブラジルEC市場規模 – 伯国越境EC基礎

Business woman working on laptop from home office

ブラジル(伯国)EC市場規模について

 

ブラジル向けの越境EC基礎内容

ブラジルは南米最大の市場であり、人口2億人以上の大きな市場を抱えています。そのため、EC市場も急速に拡大しています。

2020年の時点で、ブラジルのEC市場規模は約950億レアル(約150億米ドル)に達しており、年間平均成長率は16%にも上っています。また、COVID-19パンデミックにより、EC市場がより重要になったことで、2020年にはEC市場が前年比47%増加し、全体の小売市場の4.5%を占めるまでになりました。

今後もブラジルのEC市場は拡大が続くと予想されており、2030年にはEC市場規模が1,800億レアル(約350億米ドル)に達すると予測されています。ただし、デジタルインフラや物流の課題なども残っており、課題を克服しながらEC市場が発展することが期待されています。

ブラジル(伯国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. 越境ec 消費税

    越境ECでの商品提供は消費税が発生しない?「消費税還付」を受けるための条件を解説

  2. Business woman working on laptop from home office

    香港EC市場規模 – 香港越境EC基礎

  3. Regulations book. Law, rules and regulations concept.

    中国越境ECのメリット・デメリットと気をつけたい法規制

  4. Businessman drink coffee and watch graph on laptop

    フィリピンEC市場規模 – 比国越境EC基礎

  5. Two friends using a laptop.

    オーストラリアEC市場規模 – 豪州越境EC基礎

  6. 越境ec グローバルec 違い

    越境ECとグローバルECの違いとは?越境・国内EC運用のメリット・デメリットを解説