台湾EC市場規模 – 台湾越境EC基礎

laptop

台湾EC市場規模について

   

台湾向けの越境EC基礎内容

台湾のEC市場は、アジア地域におけるEC市場の中でも非常に活発な市場の一つで、台湾のEC市場の規模は、2020年には約1兆5,500億台湾ドル(約5兆円)と推定されています。
台湾のEC市場は、小売店やショッピングモールに代わって、消費者が自宅から手軽に商品を購入できる新しい販売チャネルとして急速に発展しています。

台湾のEC市場においては、衣料品、コスメティック製品、食品、家電製品、書籍、デジタル製品など、多様な商品が取引されています。

また、EC市場に参入する企業の中には、小規模な地元企業から、大手EC企業まで多種多様な企業が存在しています。

台湾のEC市場において、大手EC企業としては、PChome、Shopee、Yahoo!奇摩購物中心、Momo購物網などが挙げられます。これらの企業は、多言語対応や迅速な配送サービス、セキュリティ対策など、顧客にとって魅力的なサービスを提供しています。

台湾のEC市場は、中国市場に近いことから、中国のEC企業も参入しています。例えば、アリババグループのTaobaoやTmall、JD.comなどが挙げられます。これらの企業は、中国市場で培った経験やノウハウを活かし、台湾市場でのECビジネスにも積極的に取り組んでいます。

台湾は、中国との貿易関係が深いため、EC市場においても、中国の規制や政治的影響を受ける可能性があります。また、EC市場における消費者保護に関するルールも整備されています。台湾の消費者保護法には、返品に関するルールが明確に定められています。

台湾小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Transportation and Logistics!

    越境ECの課題とは?物流をメインに5つの課題を紹介

  2. Private airplane. Close-up of jet airplane is landing in airport

    台湾における越境EC市場規模は?その大きさからわかる特徴を5つ紹介

  3. Two friends using a laptop.

    ドイツEC市場規模 – 独国越境EC基礎

  4. Business meeting. Businesspeople in modern office

    越境EC業界の仕事内容と必要スキルを解説!未経験でも応募可能

  5. Business woman working on laptop from home office

    ブラジルEC市場規模 – 伯国越境EC基礎

  6. MOBILE CAFE

    ついに誰でも簡単に世界販売ができる!越境オークション・フリマアプリ「Ichi」をリリース