台湾のEC市場

台湾

Taiwan

台湾

Taiwan

国旗

  • 首都 台北市
  • 人口 約2,340万人
  • 言語 中国語

    他に台湾語、客家語等

  • 通貨 ニュー台湾ドル

    1ドル=4.31726円(2022/12/26)

台湾は東アジアの島と台湾本島を中心とした地域の名前です。国内に現代的な都市、伝統的な中国寺院、温泉リゾート、壮大な山岳地帯などがあり、超高層ビル、台北 101は有名です。

台湾 小売市場規模

PICK UP

アメリカ向け越境EC事業者&サービスを紹介

アメリカ向け越境EC事業者&サービスを紹介

米国における小売市場規模

(2019~2021 年)

アメリカの小売市場売上規模

アメリカの小売市場前年同期比

https://www.twnic.tw/webstatistic.php

台湾統計データ こちらにあると思われます

アメリカ EC市場規模

(2019~2021 年)

商材別 EC 市場規模

(2021 年)

※ 出所:出所:Retail Indicators Branch, U.S. Census Bureau, February 18, 2022 より
※ 引用:経済産業省「令和3年度 電子商取引に関する市場調査 報告書」より

商材
EC 市場規模 (億 USドル)
前年比
EC化率

衣類・雑貨

1,505

13.5%

11.9%

家具、建材、電子機器

1,505

1.1%

13.4%

 

車・車用品

650

30.8%

4.2%

その他

629

10.0%

2.8%

無店舗型販売

4,816

16.4%

65.5%

合計

8,708

14.2%

13.2%

台湾関連リンク

【英語】台湾経済部国際貿易局の公式ウェブサイトです。

【日本語】日本語の台北駐日経済文化代表処のウェブサイトです。

【日本語】対台湾ビジネスの情報を掲載しているジェトロのページです。

外務省公式サイト内台湾ページです。

経済産業省による2021年度の電子商取引に関する市場調査ページ

【PDF】2018年3月 日本貿易振興機構(ジェトロ)ニューヨーク事務所

アメリカEC事業者シェア

(2021 年)

代表的なEC支援事業者

アメリカのネットショップ構築、運営、マーケティング等のEC支援事業者の紹介

アマゾン

ECマーケットプレイス

イーベイ

オークション・ECサイト

アメリコマース

ショッピングカート

現在はAdobe Commerce

ECマーケットプレイス

台湾で人気のソーシャルメディア

(2022年)

Facebookは、月間利用人数は世界中で23億以上。2004年にリリースされたアメリカ発の実名登録の世界最大のSNSです。
Instagramは、米国で2010年にリリース。月間利用人数は世界中で10億以上で、画像・動画を共有できるSNSです。
YouTube(ユーチューブ)は2005年2月に設立された動画共有プラットフォームです。Google 検索に次いで2番目にアクセス数の多いウェブサイトであると言われています。

台湾で人気のECサイト

(2021 年)

台湾で人気のオンラインショップを紹介します。

ショッピー

総合ストア

2015年に開設。シンガポールで運営されており、東南アジアでは影響力が強いです。

モモ

総合ストア

2005年に開設。2004年にテレビショッピングからスタートしたサービスで女性人気が高いです。

ピーシーホーム

総合ストア

1996年に設立。pchome24での注文は24時間以内に、台北市内なら6時間以内に配達されるのが特徴です。

ヤフー奇摩

総合ストア

2006年にヤフーが奇摩站を買収して誕生しました。台北市内は8時間以内、その他の地域は24時間以内に配送するというサービスがあります。

東森購物

総合ストア

1999年に会社設立。台湾のテレビショッピング会社が運営するサイトです。

ピンコイ

ファッション・雑貨

2011年に台湾で設立。サイトの質を落とさないために審査を行っており、商品を販売するためには通過する必要があります。

ピンコイ

総合ストア

2000年に開設。純売上高はほぼ米国での売上です。

ピンコイ

総合ストア

2000年に開設。純売上高はほぼ米国での売上です。

関連記事

海外向けネットショップ・ネット通販関連の記事