台湾向け越境ECの運営代行会社5選!それぞれの特徴と強みを解説

Corporate business office

「台湾向け越境ECの運営をサポートしてくれる会社を探している」

このような悩みをお持ちの方もいるはずです。結論、台湾を専門にした越境ECの運営代行会社はいくつか存在します。

代行会社に越境EC運営のサポートを依頼することで、ECの立ち上げや出店をスムーズに進められるほか、より効果的な商品販売につなげられるでしょう。

しかし、代行会社によって特徴が大きく異なるため、越境ECの運営を最大化させるには自社に適した会社を見つける必要があります。

そこで今回は、台湾向け越境EC参入時に直面する課題、おすすめの運営代行会社を解説します。最後までご覧になれば、自社に合った運営代行会社が見つかるはずです。

台湾向け越境EC参入時に直面する課題

Businessman working and presenting business in a meeting

台湾向け越境EC参入時、多くの方がいくつもの課題に直面します。越境ECと国内ECでは商品販売の勝手やルールが異なるため、思いもしないトラブルを招きやすくなります。

なお、参入時に起こしやすい代表的なトラブルは下記の通りです。

  • 法律やルールに違反してしまう
  • 発送時に商品を破損・紛失してしまう
  • 消費税を多く支払ってしまう
  • 現地の言葉を理解できない
  • 顧客対応をうまく行えない

台湾向け越境ECの運営をする場合、台湾語や中国語への理解が求められます。現地の人に商品を買ってもらうためには、分かりやすい説明文の作成や顧客対応をする必要があるのです。

それら課題をクリアし、現地のニーズに合わせた商品展開を実施しなければ、効果的な販売にはつながらないでしょう。

「日本在庫型」と「現地在庫型」

台湾に向けた進出には、「日本在庫型」と「現地在庫型」の2種類があります。

一般的に日本から台湾に参入する際は、日本在庫型を選択する方が多い傾向にあります。販売開始直後は販売数の予測が立ちづらいため、日本で在庫を抱えるほうがリスクが少ないのです。

一方、現地在庫型で台湾に在庫を抱えた場合、商品の発送を素早く行えるなど、一定のメリットが見込めます。しかし、販売許可の取得や倉庫の借り入れなど、日本在庫型に比べてハードルが高く、大きな労力を必要とします。

とはいえ、どちらか一方が正しいとは一概に言い切れないため、自社の予算に合わせて選択しましょう。

越境EC運営をサポートする代行会社の選び方

Calculator, notebook and pencil on orange background

初めて越境ECを立ち上げる際は、さまざまな課題に直面することが予測されます。立ち上げや運営に自信がない場合、運営代行会社に頼るのも1つの手です。

代行会社に越境ECの運営サポートを受ければ、立ち上げや運営をスムーズに展開できるでしょう。また、疑問点や不明点を瞬時に解決できるため、大きなトラブルを未然に防止できます。

しかし、越境EC運営をサポートする会社は複数存在します。初めて依頼する方は迷ってしまうでしょう。代行会社選びに迷ってしまう方は、以下3つの選び方を参考にしてみてください。

選び方1.初期費用の有無

越境ECの運営代行会社を選ぶ際は、初期費用の有無を1つの目安にしましょう。運営代行にかかる料金形態はさまざまであり、初期費用も代行会社によって異なります。

初期費用が数十万円以上かかる会社もあれば、初期費用0円でサポートを受けられる会社もあります。

もちろんサービス内容の違いはありますが、スモールスタートを考えている方にとっては、初期費用の有無が会社選びの目安となるでしょう。

選び方2.内部事情への理解度

台湾に対する内部事情への理解度も重要となります。代行会社によって内部事情への理解度が大きく異なるため、会社を選ぶ際は必ず確認しましょう。

当たり前ですが、台湾向けに商品を販売する場合、現地のニーズに合わせて商品展開が行えるため、現地情報をより理解しているほうが運営を有利に進められるのです。

例えば、台湾での流行りものを熟知している、流暢な台湾語でセールスの文章を書ける、現地顧客のサポート対応ができるなど、代行会社が内部事情に詳しい場合、これらサポートを受けられます。

仮に台湾専門の代行会社であったとしても、内部事情に詳しくないケースもあるため、事前に理解度を確かめておくことが重要です。

選び方3.サポートの質

代行会社を選択する場合、サポートの質にもこだわりましょう。事前にサポートの質を確認しなければ、「運営のサポートを受けたけど課題が解決されなかった」という事態を招きかねません。

そもそも越境EC運営で重要となるのは「サイトの立ち上げ」ですが、その後の継続的な運営方法も大切です。売上を伸ばし続けるためには、販売商品の選択やマーケティング、顧客サポート、トラブル対応など、適切な運営を長期的に行う必要があります。

そのため代行会社に運営サポートを依頼する際は、売上を伸ばす際に重要となる「どこまでサポートしてもらえるのか」を必ず確認しましょう。

台湾向け越境ECのおすすめ運営代行会社5選

Business woman working with analysis marketing document .

台湾向け越境ECの運営代行会社を5つ紹介します。代行会社によって特徴が大きく異なるため、それぞれを十分に確認した上で選択しましょう。

1.Brangista Taiwan Inc.|台湾市場開発代行サービス

おすすめの代行会社1つ目は、「Brangista Taiwan Inc.」です。同社が手掛ける「台湾市場開発代行サービス」では、台湾向け越境ECの運営を全面的にサポートしています。

本サービスを提供している会社は現地にあるため、台湾の内部事情に詳しく、より専門的なサポートを受けられます。また、400社2,000サイト以上に及ぶECサポート実績があることから、十分に信頼できる会社だと言えるでしょう。

また、出店や構築、運営、受発注までの初期費用は0円であるため、スモールスタートを考えている方にも適しています。

Brangista Taiwan Inc.|台湾市場開発代行サービス

2.株式会社funnel|台湾越境EC

「株式会社funnel」が提供する運営サポートを受ければ、たったの2ステップで複数の台湾大手ECモールへの出店が可能です。

中国語でのカスタマーサポートにも対応しているため、初めて台湾向け越境ECに参入する方でも安心して運営できます。そのほか、以下のようなサービスを受けられます。

  • 翻訳を含む中国語での商品ページ作成
  • ワシントン条約等の国際配送可否チェック
  • 台湾薬事法チェック
  • ロジスティクス全般
  • カスタマーサポート(顧客管理、顧客対応、返品対応)
  • 代金回収業務

また、対応している台湾大手ECモールの数は多岐にわたります。具体的なECモールは以下の通りです。

  • Yahoo奇摩超級商城
  • MOMO摩天商城
  • 台灣樂天市場
  • PChome商店街
  • 蝦皮購物

複数の台湾大手ECモールに対応しているため、自社の商品に合わせたEC展開を可能にします。

株式会社funnel|台湾越境EC

3.カプセルジャパン株式会社|越境EC運営代行事業

「カプセルジャパン株式会社」は、アジアを中心としたマーケティングを得意とする代行会社です。越境ECの運営に関するさまざまなサポートを受けられます。

また、本サービスが提供するサポートは越境ECの立ち上げだけでなく、サイト制作後のデジタルマーケティングまで含まれています。豊富なノウハウを活かした徹底サポートにより、初めて越境ECに参入する方でも効果的な商品展開が可能です。

なお、越境ECの運営サポートは、現地のマーケティングに精通した台湾・日本人チームが実施するため、現地のニーズを捉えた的確なサポートに期待が持てます。

越境EC運営代行フルサポートプラン

  • ヒアリング(マーケティング戦略&販促企画の策定)
  • 越境ECサイト制作
  • ECサイト集客を目的としたSNS運用/インフルエンサー戦略
  • フルフィルメントサービス
  • カスタマーサポート
  • KPI分析

カプセルジャパン株式会社|越境EC運営代行事業

4.GHold, Inc.|台湾チームバイ

「GHold, Inc.」は、「台湾チームバイ」という台湾向け越境EC専門の代行サービスを展開しています。本サービスが用いる独自システムにより、ECの販売から物流までの全面的なサポートを受けられます。

また、従来の越境EC導入で必要だった作業を省略できるため、より効率的に海外ビジネスへ進出可能です。そのほかのサービス内容は以下の通りです。

  • 独自のマーケティング手法で商品の販売をサポート
  • 独自の物流スキームを構築して台湾に向けて商品を販売

ただし、本サービスは販売代理店を務める形として、商品・サービスを代わりに販売するスタイルです。そのため、「越境EC運営の一部をサポートしてほしい」といった場合には、あまり適していないと言えるでしょう。

GHold, Inc.|台湾チームバイ

5.株式会社Resorz|Digima〜出島〜

5つ目に紹介する代行会社は、「Digima〜出島〜」を提供する「株式会社Resorz」です。本サービスは、ほかの代行会社と仕組みが根本的に異なるため注意が必要です。「Digima〜出島〜」は海外ビジネスをサポートする会社とマッチングできるプラットフォームであり、越境ECの運営サポートを直接依頼できるわけではありません。

ただし、厳しい審査を通過した優良のサポート会社を紹介してもらえるため、「どの代行会社が自社に適しているのかわからない」という方に向いています。

もちろん台湾専門の代行会社を紹介してもらえるほか、知識が豊富なコンサルジュに相談しながら代行会社を選択可能です。

株式会社Resorz|Digima〜出島〜

まとめ

本記事では、台湾向け越境EC参入時に直面する課題、おすすめの運営代行会社を解説しました。

  • Brangista Taiwan Inc.
  • 株式会社funnel
  • カプセルジャパン株式会社
  • GHold, Inc.
  • 株式会社Resorz

紹介した代行会社はそれぞれ特徴が異なるため、1つずつ詳しく確認した上で選択しましょう。また、中には通常のサポート内容とは異なる会社もあるため、代行会社を選ぶ際は注意が必要です。

代行会社によっては無料相談や資料請求を受け付けています。「代行会社に初めて依頼する」という方は、一度相談してみてください。

関連記事

  1. 越境ec qoo10

    【越境EC】大型モール「Qoo10」の特徴とは?出店するメリット・デメリットを解説

  2. Online shopping website

    日本企業にとってはチャンス?越境EC市場が拡大中!

  3. Businessman working and presenting business in a meeting

    日本企業が越境ECで成功した3つの事例を紹介!販売する上での重要ポイントとは?

  4. selective focus of employee and recruiter shaking hands

    【英語・中国語のスキルを活かせる仕事】越境ECにまつわる求人とは?

  5. 越境EC 大手

    【自社制作・モール】越境ECの大手プラットフォーム5選を紹介

  6. 越境ECセミナーを5つ紹介!メリットとデメリットも詳しく解説