【中国・アメリカ】人気のECサイト・マーケットプレイス6選

woman is working on pc

海外の顧客に向けてインターネットを通じて商品を販売する越境ECは、いまやビジネス界の流行となっています。

新型コロナウイルスの影響もあり、国境をまたぐ移動はもちろんのこと、日用品や食材の買い物までもが制限されている中で、人々はみなインターネットで買い物をする傾向にあります。

こうした時代の流れからも、越境ECを利用して日本の商品を購入する外国人の方の数が増えており、越境ECの市場はどんどん拡大していっています。

そこで、個人の方も、企業の方も「よし、越境ECを利用してみよう!」「越境ECを利用して稼ごう!」などと考える方が多いのですが、どのようなECサイトに出店すれば良いのかなどについて、あまり詳しくわからないという方がほとんどです。

そこで今回は、中国やアメリカで人気の越境ECサイト・プラットフォームをランキング形式でご紹介していきます。

越境ECの方法は大きく4つに分かれている

woman with phone

人気のECサイトのランキングをご紹介していく前に、まずは越境ECがどのようなものなのかについてご紹介していきます。

インターネットを通じて海外に商品を売るビジネス

越境ECの意味ですが、ひとことであらわすと『インターネットを通じて海外に商品を販売するビジネスのひとつ』として表すことができます。

みなさんに1番馴染みのあるのはアメリカの企業である『Amazon』ではないでしょうか。

日本国内のメーカーはもちろん、アメリカや中国のメーカーが製造した商品を手軽に購入することができる越境ECは、みなさんの生活のすぐ近くに存在しています。

越境ECの手段は大きく4つに分かれている

越境ECと言っても、いくつか方法があり、その方法によって4つの越境ECに分類されます。

  1. 日本国内でサイトを開設する方法
  2. 海外でサイトを開設する方法
  3. 海外販売に対応した日本のECサイトに出店する方法
  4. 海外のECサイトに出店する方法

まず1つめの日本国内でサイトを開設する方法ですが、日本国内でサーバーをレンタルし、ECサイトを構築していくことになるので比較的容易に始めることができます。しかし、ターゲットとなる国の言語設定にしたり、海外の顧客が見やすくサイトのデザインを決めたりしたりしなくてはならないため、初心者にとっては難しい作業となります。

2つめの海外でサイトを開設する方法は、ターゲットとなる国でサーバーをレンタルしてECサイトを構築していく方法です。日本とは異なる言語設定、ルールでECサイトを構築していくので、ターゲットとなる国の言語が理解できないと話になりません。

3つめの海外販売に対応した日本のECモールに出店するという方法は、日本国内で展開されているECサイトのため、使い勝手が良く、手軽に始められるというメリットがあります。しかし、海外の顧客がそのECサイトを日常的に見るのかどうか、それをみて購買意欲が湧くかどうか、は別問題です。

4つめの海外のECサイトに出店するという方法は、ターゲットとなる国で流行っているECサイトに直接出店することができるため、上記の3つの方法に比べて高い集客力が期待できます。ターゲットとなる国の言語を理解し、その国のルールに従わなければいけないなどの注意点はありますが、その点をクリアできれば1番おすすめの方法と言っても良いでしょう。

中国の人気ECサイトランキング

Empty mini shopping cart on tablet

越境ECとはなにか、実際に越境ECを利用するにはどのような手順を追えば良いのかについてわかったところで、次に中国で人気のECサイトについてご紹介していきます。

世界の中でも群を抜いて市場規模が大きい中国で、特に人気のECサイトをランキング形式でご紹介していきます。

気になる方はぜひチェックしてみてください。

1位 天猫(T-MALL)

中国で人気のECモールランキングで1位にご紹介するのは『天猫』です。天猫は、アリババグループが運営している中国国内で最大規模のECサイトです。

中国で越境ECを利用して買い物をしている方の50%以上は、この天猫を利用しているというくらい人気の天猫では、会員数は6,500万人以上、出店数は7万店舗を超えており、出店数、会員数、シェア率どれをとっても『中国No.1』です。

美容グッズ、健康食品、ベビー用品、おもちゃなど、さまざまなジャンルの日本の商品が売れている天猫では、高い集客力が期待できます。元々の会員数が多いため、他のECサイトに出店するときよりも顧客を集めやすいため『高品質』『安心』『安全』な商品であれば、人気が出る可能性が高いです。

Screenshot of www.tmall.com

https://www.tmall.com/

2位 京東商城(JD.com)

中国で人気のECモールランキングで2位にご紹介するのは『京東商城』です。京東商城は、天猫に次いで人気が高く、中国国内で越境ECを利用して買い物をしている方の30%がこの京東商城を利用しています。

つまり、先ほどご紹介した天猫と今回ご紹介する京東商城で、中国の70%以上を占めるという計算になり、ほとんどの方がどちらかのECサイトで買い物をしているということになります。

中国国内では、京東商城は総合型通販という位置付けではなく、家電製品に力を入れています。また、京東商城は『日本館』という日本の商品に特化したサイトも運営しており『MADE IN JAPAN』の販売に力を入れています。

Screenshot of www.jd.com

https://www.jd.com/?country=USA

3位 拼多多(pinduoduo.com)

中国で人気のECモールランキングで3位にご紹介するのは、拼多多です。天猫、京東商城に次いで中国国内第3位のシェア率となっている拼多多は、越境ECで買い物をしている中国人の7%が拼多多を利用していることになります。

数字だけを見ると、まだまだ天猫や京東商城に比べると劣っているように見えていますが、2015年に新設されたばかりの拼多多は、ものすごいスピードで売上を伸ばしているのです。拼多多は、天猫や京東商城との差別化を図るため、ターゲット層を『低所得者』に絞ることで、新たな顧客を取り込むことに成功しています。

これからもどんどん売り上げを伸ばしていくであろう拼多多に、いま注目が集まっています。

https://m.pinduoduo.com/

アメリカの人気ECサイトランキング

a young woman using tablet pc for online shopping , opening shopping bags

続いて、中国に次いで世界で2番目に越境ECの市場規模が大きい国である、アメリカのECサイトをランキング形式で3社ご紹介していきます。

中国、アメリカの人気ECサイトをしっかりと把握しておけば、越境ECを始める際に必ず役に立つので、ぜひチェックしてみてください。

1位 Amazon(アマゾン)

アメリカの人気ECサイトランキングで1位にご紹介するのは、みなさんお馴染みのAmazonです。言わずと知れた超有名ECサイトとなっており、日本でも利用している方が多くいらっしゃいます。

アメリカ国内でECサイトを利用して買い物をしている方の50%はこのAmazonを利用していると言われているくらい、ほとんどのアメリカ人がAmazonで買い物をしています。

Amazonの市場拡大は今後も拡大していき、近いうちに『アメリカ人の2人に1人はAmazon会員』という時代もくると言われています。アメリカでの越境ECを見越している方は、Amazonは必ずチェックしておきましょう。

https://www.amazon.co.jp/

2位 Walmart(ウォルマート)

アメリカの人気ECサイトで2位にご紹介するのはWalmartです。

ウォルマートは、日本ではあまり馴染みのない会社ですが、世界最大のスーパーマッケットを運営しており、世界的な知名度はAmazonをも凌ぐと言われています。そのWalmartが運営しているECサイトでは、青果や食料品などの食べ物が中心に販売されています。

そのほかにも、日用品や雑貨、家電製品、アパレルなどの品揃えも豊富なため、Walmartで買い物をすれば全て揃えることができるというメリットもあります。実際の店舗と連携して、ECサイトで注文をした商品が店舗で受け取れるというサービスも実施しています。

https://www.walmart.com/

 

3位 eBay(イーベイ)

アメリカの人気ECサイトで3位にご紹介するのは、eBayです。シェア率はAmazon、Walmartに次いで3位となっていますが、世界の30カ国に拠点を構えている世界最大のオークションサイトです。

eBayを利用すると、世界の190カ国に商品を出品することができるため、アメリカに限らず越境ECを利用したいと検討している方にはおすすめのECサイトとなっています。上記でご紹介したAmazonやWalmartに比べて、eBayは低所得層をターゲットとしており「少しでも安く商品を買いたい」という思いを持った顧客が多い傾向にあります。

Screenshot of www.ebay.com

https://www.ebay.com/

 

まとめ

越境ECとはなにかについてや、越境ECの人気サイトをランキング形式でご紹介しましたが、参考になりましたか?

海外のECサイトに出店するという方法は、高い集客力が期待できるためとてもおすすめです。

その中でも、今回ご紹介したように人気のECサイトを利用することができれば、海外の多くの顧客の目に留まりやすく、より多くの顧客に日本の商品を販売することができるかもしれません。

関連記事

  1. Aerial view of logistic center

    EUの越境EC向けのVATが変更に!今後の物流へ3つの影響

  2. Passenger jet plane landing

    中国越境ECのリスクとは?ビジネス参入時の対策を詳しく解説

  3. Empty mini shopping cart on tablet

    日本・アメリカ・中国・韓国・台湾で代表的な越境EC一覧!それぞれの特徴を徹底解説

  4. Corporate business office

    台湾向け越境ECの運営代行会社5選!それぞれの特徴と強みを解説

  5. Online shopping concept. Shopping cart, laptop on the desk

    越境ECのおすすめプラットフォーム!注目の5社の特徴と利用メリット

  6. 越境ECセミナーを5つ紹介!メリットとデメリットも詳しく解説