百貨店は越境ECを活用すべき?大手百貨店が参入した5つの事例を紹介!

越境ec 百貨店

「百貨店が越境ECに参入する意味はあるの?」「百貨店が越境ECに参入した事例を知りたい」

このような疑問や悩みをお持ちではありませんか?越境ECの市場規模は年々拡大を続けているため、海外に向けて商品を販売すれば、大きなシェアを獲得できるチャンスがあります。実際、百貨店が越境ECに参入している事例は数多く存在します。

しかし、越境ECで成功を収めるのは容易ではありません。国内と国外では法律やルールが異なるため、あらかじめ現地の内部事情を理解しておく必要があります。

そこで本記事では、百貨店が越境ECを活用する方法、これまで百貨店が参入した事例を解説します。最後までご覧になれば、百貨店が越境ECに参入すべき理由がわかり、その上で自社に適した参入方法を見つけられるはずです。

百貨店は越境ECに参入すべき?

Shopping online concept, small cart over shopping online website

越境ECの市場規模は、世界的に拡大し続けています。新型コロナウイルス感染症の流行やスマートフォンの普及に伴い、中国・アメリカをはじめとした各国が越境ECを活用。

また、経済産業省が公表した2020年度の「電子商取引に関する市場調査」によれば、2019年における世界の越境EC市場規模は7,800億米ドルだと推計されており、2026年には4兆8,200億米ドルまで拡大すると予測されています。

日本でも越境ECの市場規模が拡大している傾向にあるため、多くの企業が越境ECの活用を始めています。この傾向は百貨店も例外ではありません。

主に、以下のような有名百貨店が越境ECに参入しています。

  • 東急百貨店
  • 近鉄百貨店
  • 阪急百貨店
  • 小田急百貨
  • 三越伊勢丹

百貨店で販売する商品と越境ECは相性が良いため、海外のシェアを大量に獲得できるチャンスがあります。今後の盛り上がりに備えて、早めに越境ECに参入することをおすすめします。

百貨店が越境ECを活用する具体的な方法

mobile phone

「実店舗で販売していた百貨店が越境ECに参入するのは難しいのでは?」と、考える方も少なくないでしょう。

確かに、海外向けに商品を販売する越境ECでは、国内向けの販売とは法律やルールが異なります。それだけでなく、販売数を伸ばすためには、進出する国の言語を理解しておく必要があります。

そのほか、顧客対応の仕方やニーズが異なることから、思いも寄らないトラブルを招いてしまうこともあるでしょう。

しかし、目的やビジネスモデルに合わせて越境ECを展開すれば、必ずしも難しいというわけではありません。また、最初はスモールスタートで、徐々に規模を大きくさせるという方法も考えられます。

なお、越境ECに参入する方法としては、大きく分けて以下の3つがあげられます。

参入方法 特徴
自社ECを立ち上げる ・最も難易度の高い方法
・ECサイトのデザインを自由に決められる
・自社商品のみを訴求できるため、顧客と継続的な関係を持てる
国内モールを活用する ・出店のハードルが低い傾向にある
・自社のデザインやシステムを反映できない
・手数料や初期費用がかかる
海外モールを活用する ・現地の顧客に直接アプローチできる
・進出する国の言語理解が必要
・自社のデザインやシステムを反映できない
・手数料や初期費用がかかる

自社の予算や目的に応じて、参入しやすい方法を選択しましょう。百貨店が越境ECに参入する場合、これら参入方法も大切ですが、その後の長期的な運営も重要となります。特に注力すべきは、越境ECのマーケティングです。

百貨店が越境ECを活用した成功事例では、いずれも効果的なマーケティングを実施しています。効果的に自社商品をアプローチすることで、販売数の増加や売上向上などのメリットが見込めるでしょう。

百貨店が越境ECに参入した5つの事例

passenger jet

越境ECへの参入方法がわかったところで、実際に百貨店が参入した事例を5つ紹介します。参入した事例を確認することで、成功するためのヒントが見つかるはずです。

東急百貨店が「eBay」に出店

株式会社東急百貨店は、2020年11月に日本法人である「イーベイ・ジャパン株式会社」を通じて、世界最大規模のECモール「eBay(イーベイ)」に出店しました。これは、日本の百貨店で初めての公式越境ECショップ開設です。

そもそもeBayは、インターネットオークションで世界最多の利用者数を誇ります。アメリカを中心に展開しており、そのEC規模はAmazonやWalmartに匹敵するほどです。ヨーロッパやオーストラリア、中国など、世界190か国に展開しているため、東急百貨店はeBayに出店したことで、より多くの販売機会が見込めるようになりました。

なお、eBayには東急百貨店がこれまで培ってきた目利き力、編集力を活かした伝統工芸品をはじめ、海外で人気が集まっている日本製品を約150点出品しました。

近鉄百貨店が「京東全球購」に出店

中国市場を牽引するECサイト「京東商城(JD.com)」。そのECサイトを運営する京東集団と株式会社近鉄百貨店は、2018年7月に戦略的業務提携を締結し、近鉄百貨店が越境ECサイト「京東全球購(JD Worldwide)」に海外旗艦店として初出店しました。

今回出店した越境ECでは、コスメやスキンケア、ベビーマタニティ、日用家庭用品など、数百種類の商品を販売。オフラインでも宣伝活動を積極的に行い、より多くの中国消費者にアプローチしました。

積極的にアプローチしたこともあり、近鉄百貨店には20万人弱の訪日中国人が来店しました。それに伴い、2017年における阿倍野本店の中国観光客の年度消費額は、200億円以上を超えています。

阪急百貨店が「豌豆公主」に出店

株式会社阪急阪神百貨店は、中国向け越境EC「豌豆公主(ワンドウ)」に2017年8月より出店を開始しました。

定番商品や阪急うめだ本店でしか購入できない商品など、日本の食品を中国消費者向けに出品。国内はもちろんのこと、中国からの来店客にも人気が高く、連日にぎわいをみせています。

また、越境ECプラットフォーム「豌豆公主」を運営するインアゴーラ株式会社は、阪急百貨店が運営する通販サイト「HANKYU FOOD」で販売する「神戸風月堂」の銘菓「ゴーフル」の取り扱いを2019年7月より開始。

さらなるシェア獲得を求め、阪急百貨店は中国向け越境EC運営を積極的に行っています。

小田急百貨が「橙感」を通じて越境ECに参入

小田急百貨は、WeChatミニプログラム「橙感(チェンガン)」を通じた中国向け越境ECを、2020年9月より本格的にスタートしました。

本年5月から実験的に海外向け販売を実施していましたが、9月からは当社ゾーンを設けて、商品カテゴリーを増やした上で展開しています。展開する商品カテゴリーは、化粧品やベビー用品、生活雑貨、アクセサリーなど、合計180点の商品数からスタート。また、中国向け越境EC市場では展開されていないブランドやアクセサリーを販売するなど、競合他社との差別化を図り、中国市場での認知度を高めています。

越境ECの利用方法は少し特殊で、まずはWeChatをダウンロードし、検索で「橙感」と入力してミニプログラムを選択。その後、サイト上のグローバルナビゲーションから「新宿甄选特辑」を選択し、商品を注文するという流れです。

三越伊勢丹が「天猫国際」に出店

三越伊勢丹は2016年11月、アリババグループの「天猫国際(Tmall Global)」の大型キャンペーンに合わせて本格的な商品販売をスタートしました。戦略的パートナーとして旗艦店を出店し、三越伊勢丹グループの独自商品を中心に揃えています。

なお、百貨店社長の「大西 洋」氏は、天猫国際への出店について以下のように述べています。

「日本の安心・安全な商品を数多く取り揃え、ファッショントレンド衣料、質の高い雑貨アイテム、化粧品、ベビー用品をはじめ、オリジナル商品を販売する。今後は同サイトの限定商品や、人気の高い食品類も紹介し、お客の要望に応えるため、随時品揃えを充実させていく。」

引用元:三越伊勢丹/アリババ「天猫国際」出店、ブラックフライデーで本格展開 | 流通ニュース

さらに、11月にアリババグループが開催した「201611.11 Global Shopping Festival」では、天猫国際における国別流通総額で、日本が世界第1位を獲得しました。

また、三越伊勢丹は2018年の9月に、中国小売業最大手の京東集団と戦略的業務提携を締結しました。それに伴い、京東集団が運営する中国越境ECサイト「京東全球購(ジンドンゼンキュウコウ)」に、三越伊勢丹海外官方旗艦店をオープンしています。

まとめ

本記事では、百貨店が越境ECを活用する方法、百貨店が参入した事例を解説しました。

越境ECの市場規模は世界的に拡大を続けています。百貨店で販売される商品と越境ECは相性が良く、海外のシェアを大量に獲得できるチャンスがあります。ただし、日本国内向けの販売方法とは勝手が異なり、現地のルールや言語に応じて展開する必要があるため、思いも寄らないトラブルを招いてしまうこともあるでしょう。

これから越境ECへの取り組みを考えている方は、ぜひ本記事で解説した事例を参考にし、自社に適した参入方法を探してみてください。また、越境ECの運営に自信がない方は、運営代行会社に依頼するのも1つの手です。サイトの立ち上げから運営までサポートしてくれるため、予算に余裕がある方は検討してみてください。

関連記事

  1. 越境EC 個人

    個人でも利用可能!越境ECのはじめ方やポイントを紹介!

  2. 越境ec アメリカ

    アメリカ向け越境EC参入で重要となる3つのポイント!代表的なECサイトも紹介

  3. Online internet shopping logistics and delivery concept

    楽天が再び中国市場に進出!日本企業におすすめのプラットフォーム5選

  4. Business people analyzing documents and discussing business strategy at conference room.

    中国ECサイトの代表的な運営会社・越境ECの運営代行会社を一挙紹介!

  5. Business colleagues discussing a project

    越境ECは日本で市場規模が拡大している?3つの理由を解説

  6. Online shopping website

    日本企業にとってはチャンス?越境EC市場が拡大中!