インドEC市場規模 – 印国越境EC基礎

A man and a woman in front of a laptop

インド(印国)EC市場規模について

 

インド向けの越境EC基礎内容

インドのEC市場は、急速に成長しており、2020年には約82億ドル(約8兆7000億円)の規模に達しています。インドは、急速に拡大するインターネット利用者の数と、スマートフォンの普及率の増加により、EC市場が急成長している国の一つです。また、COVID-19パンデミックにより、インドではオンライン販売が急速に拡大しており、EC市場の成長を加速させる一因となっています。

インドのEC市場は、オンライン小売業者、旅行予約サイト、食品配達アプリなど、多岐にわたっています。特に、Amazon、Flipkart、JioMartなどの大手EC企業が、インドのEC市場を牽引しており、現在でも急成長を続けています。また、政府もEC市場の成長を後押しするため、デジタルインフラの整備や、EC市場に関する規制の緩和などを進めています。

インドは人口が多く、中産階級の拡大が見込まれているため、今後もEC市場の成長が期待されます。ただし、まだインターネット接続率が低く、物流インフラが未熟であるため、これらの課題を解決しなければ、EC市場の拡大には限界があるかもしれません。

インド(印国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Private airplane. Close-up of jet airplane is landing in airport

    台湾における越境EC市場規模は?その大きさからわかる特徴を5つ紹介

  2. Two friends using a laptop.

    大韓民国EC市場規模 – 韓国越境EC基礎

  3. 越境ec アメリカ

    アメリカ向け越境EC参入で重要となる3つのポイント!代表的なECサイトも紹介

  4. Online internet shopping logistics and delivery concept

    楽天が再び中国市場に進出!日本企業におすすめのプラットフォーム5選

  5. 越境ECの大手サイトを5選紹介!日本の越境ECが急成長の理由とは

  6. Online shopping

    海外進出した三越伊勢丹のその後は?今後の越境ECの展望