イタリアEC市場規模 – 伊国越境EC基礎

Businessman drink coffee and watch graph on laptop

イタリア(伊国)EC市場規模について

 

イタリア向けの越境EC基礎内容

イタリアのEC市場は、EU域内でのEC市場の成長に比べるとまだ遅れていますが、年々拡大しています。2021年の時点で、イタリアのEC市場の規模は、約460億ユーロ(約550億米ドル)に達し、前年比で13%以上成長しました。イタリアの総小売市場に占めるEC市場の割合は、2020年には7.3%となり、年々拡大しています。

イタリアのEC市場は、B2C市場、C2C市場、そしてB2B市場に分かれています。主に、ファッション、家電製品、化粧品、食料品などの分野で成長しています。また、新型コロナウイルスの感染拡大によって、EC市場の成長が加速しました。特に、食料品や日用品、医薬品のEC需要が大幅に増加しました。

一方、イタリアのEC市場には、いくつかの課題もあります。例えば、物流インフラの整備不足、現金主義の強い傾向、政府規制の煩雑さなどが挙げられます。しかし、これらの課題に対して、政府やEC企業が取り組みを行っており、物流インフラの整備やキャッシュレス決済の普及などが進んでいます。

イタリア(伊国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. Regulations book. Law, rules and regulations concept.

    中国越境ECのメリット・デメリットと気をつけたい法規制

  2. 越境EC 個人

    個人でも利用可能!越境ECのはじめ方やポイントを紹介!

  3. Online shopping

    海外進出した三越伊勢丹のその後は?今後の越境ECの展望

  4. Business woman working on laptop from home office

    香港EC市場規模 – 香港越境EC基礎

  5. Businessman drink coffee and watch graph on laptop

    タイEC市場規模 – 泰国越境EC基礎

  6. woman using laptop

    シンガポールEC市場規模 – シンガポール越境EC基礎