【WEB3.0×宿泊施設】京都・東京・鹿児島の『Kamon Inn(カモンイン)』が「スポンサーNFT」を活用したSNSマーケティング施策を実施

【WEB3.0×宿泊施設】京都・東京・鹿児島の『Kamon Inn(カモンイン)』が「スポンサーNFT」を活用したSNSマーケティング施策を実施

越境ECのニュース

越境ECニュース


資本業務提携を締結した株式会社フォーイットとメディアエクイティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役 椛島 誠一郎、以下「メディアエクイティ社」)は、コロナ禍で売上げが低迷する宿泊事業の支援を目的に、宿泊施設のスポンサー枠をNFTとして発行する宿泊事業応援プロジェクト「宿泊施設スポンサーNFT」を始動いたします。京都・東京・鹿児島で全14棟ある宿泊施設「まち結い民泊Kamon Inn(カモンイン)」がスポンサーNFTを発行いたします。『Kamon Inn(カモンイン)』のファンの方や興味を持っていただいた方にスポンサーNFTを保有していただくことで、ファンの皆さんと共に成長していけるWEB3.0の仕組みをリアルでも実現いたします。今回は限定6個のメニューをスポンサーNFTとして2022年4月18日(月)21時から販売いたします。

ニュース・プレスの詳細はこちら

(出典:PR Times)

関連記事

  1. Marketing plan researching. Paperwork on the table, laptop and mobile phone

    マイクロアド、台湾大手クラウドファンディング「flyingV」を運営する昂圖股份有限公司(Ontoo)と提携

  2. 日本人KOLとして中国SNSでフォロワー数55万超えの伊藤 小雪氏が株式会社NEW ORDERのアドバイザーに就任

  3. Pharmacist holding pill bottle

    医薬品を海外へ!第一三共ヘルスケアの越境ECの仕組みを徹底解説

  4. 代理購入サービス「トルコ語バージョン」開始。 ヨーロッパとアジアを結ぶEC大国へ進出

  5. ヘアケアブランドmiiuluが5月中旬より東南アジア(ASEAN)でのEC発売開始

  6. 越境EC「Pinkoi」が国内販売手数料の無料キャンペーンを実施