UPS、北関東の32都市でサービスを強化

UPS、北関東の32都市でサービスを強化

越境ECのニュース

越境ECニュース

UPSジャパン株式会社(本社・東京、代表取締役社長:西原哲夫)は、北関東の企業のビジネスをサポートするために、 茨城県15都市、栃木県7都市、群馬県10都市の計32都市のサービスを4月18日より強化することを発表しました。各都市から世界各国への輸出貨物の到着日が1日早くなり、集荷時間は一番遅い地域で16時 となります。

ニュース・プレスの詳細はこちら

(出典:PR Times)

関連記事

  1. Marketing plan researching. Paperwork on the table, laptop and mobile phone

    マイクロアド、台湾大手クラウドファンディング「flyingV」を運営する昂圖股份有限公司(Ontoo)と提携

  2. ヘアケアブランドmiiuluが5月中旬より東南アジア(ASEAN)でのEC発売開始

  3. Businessman drink coffee and watch graph on laptop

    タイEC市場規模 – 泰国越境EC基礎

  4. Business and marketing research data on worksheet

    【タイ人3,000人に調査】76%が日本からの越境ECに興味

  5. 全世界で大人気の「ゴジラ」を 越境EC No.1の“Buyee”がサポート開始

  6. 海外展開を加速する ブックオフの「Shopee」出店をBeeCruiseがサポート開始