UPS、北関東の32都市でサービスを強化

UPS、北関東の32都市でサービスを強化

越境ECのニュース

越境ECニュース

UPSジャパン株式会社(本社・東京、代表取締役社長:西原哲夫)は、北関東の企業のビジネスをサポートするために、 茨城県15都市、栃木県7都市、群馬県10都市の計32都市のサービスを4月18日より強化することを発表しました。各都市から世界各国への輸出貨物の到着日が1日早くなり、集荷時間は一番遅い地域で16時 となります。

ニュース・プレスの詳細はこちら

(出典:PR Times)

関連記事

  1. Woman playing game on cellphone at china, chinese garden

    日本政府観光局(JNTO)が中国向け観光・特産品PRを実施

  2. MOBILE CAFE

    ついに誰でも簡単に世界販売ができる!越境オークション・フリマアプリ「Ichi」をリリース

  3. Singapore

    サンライズジャパンは、東南アジア最大級の越境ECモールShopeeにてシンガポールでの商品販売を開始

  4. Table with traditional japanese food.

    マカオで開かれた薩摩國広域輸出促進協議会の物産展に現地中国人が注目

  5. クレソン株式会社が中国7億人にリーチ可能な中国版TikToK 抖音(douyin)運用サービスを開始

  6. 日本人KOLとして中国SNSでフォロワー数55万超えの伊藤 小雪氏が株式会社NEW ORDERのアドバイザーに就任