大韓民国EC市場規模 – 韓国越境EC基礎

Two friends using a laptop.

大韓民国(韓国)EC市場規模について

韓国向けの越境EC基礎内容

韓国のEC市場は、急速に拡大しており、アジア地域で最も大きなEC市場の1つです。韓国のEC市場の規模は、年々増加しており、2020年の時点で1,083億ドルに達しています。これは、韓国の総小売市場の約29%を占めています。

韓国のEC市場は、主にB2C市場とC2C市場の2つのセグメントに分かれています。B2C市場は、主に大手ECプラットフォームによって支配されており、C2C市場は、主にオンライン・フリーマーケットプラットフォームによって支配されています。韓国のEC市場は、高度なテクノロジーを取り入れたECプラットフォームやスマートフォンの普及によって成長を続けています。

韓国のEC市場は、主にファッション、美容、家電製品、フードデリバリーなどのセグメントで成長しています。韓国では、EC市場に参入する企業が急増しており、海外企業も積極的に参入しています。例えば、Amazon、eBay、Zara、Uniqloなどの大手企業が韓国市場に進出しています。

韓国のEC市場には、いくつかの課題もあります。例えば、消費者保護、偽物商品の出回り、決済システムの安全性、適切な品質管理などがあります。しかし、韓国政府は、これらの問題に積極的に取り組んでおり、EC市場の発展を支援しています。韓国のEC市場は、今後も拡大が期待され、世界のEC市場の中でも重要な国の1つとなるでしょう。

大韓民国(韓国)小売市場規模の詳細はこちら

関連記事

  1. upward view of airplane and modern building

    中国越境ECに参入するには?日本企業が成功するための5つの秘訣

  2. Close up hand holding an airplane model

    越境ECのターゲットは中国?食品がEC化に適さない理由3点

  3. 越境ECの大手サイトを5選紹介!日本の越境ECが急成長の理由とは

  4. Two friends using a laptop.

    ドイツEC市場規模 – 独国越境EC基礎

  5. Online shopping

    海外進出した三越伊勢丹のその後は?今後の越境ECの展望

  6. laptop

    台湾EC市場規模 – 台湾越境EC基礎