越境ECの「Buyee」が購買データを見える化する「ダッシュボード機能」を提供開始

laptop

越境ECの「Buyee」が購買データを見える化する「ダッシュボード機能」を提供開始

越境ECのニュース

越境ECニュース

BEENOS株式会社(東証プライム:3328)の連結子会社で、越境EC 流通総額 No.1(※1)の海外向け購入サポートサービス「Buyee(バイイー)」を運営するtenso株式会社(以下「tenso」)は、「Buyee」およびタグ設置のみで海外販売可能な「Buyee Connect」連携企業の海外マーケティング支援を目的として、「ダッシュボード機能」の提供を2022年4月より開始しました。本機能により、海外ユーザーのデモグラフィックおよび購買データをリアルタイムで可視化、売上や注文件数、注文単価などの推移も確認できるようになり、これを用いたデータ分析によって、最適な海外向けマーケティングやプロモーション策定が可能となります。

会社情報:BEENOS株式会社

 

ニュース・プレスの詳細はこちら

(出典:PR Times)

関連記事

  1. アフターコロナを見据え、全国各地の観光活性化を応援タイ市場向け観光PR動画を無償で制作

  2. 海外展開を加速する ブックオフの「Shopee」出店をBeeCruiseがサポート開始

  3. 【キャンプ×NFT】セカンドセールも即完売した「TAKIBI」のサードセール開催決定!第三弾は『TAKIBIシェラカップ#(郷土料理)』

  4. Businessman drink coffee and watch graph on laptop

    タイEC市場規模 – 泰国越境EC基礎

  5. UPS、北関東の32都市でサービスを強化

  6. クレソン株式会社が中国7億人にリーチ可能な中国版TikToK 抖音(douyin)運用サービスを開始